どうしようもないことと どうしてもできないことは かなりちがう

放送大学に3年次編入して卒業を目指しています 履修記録とモチベーション持続のためにブログを開設

お義父さんが通信教育の先輩だった!

先月のことですが、主人の実家へ行った際に、放送大学に入学したことを義両親に初めてお話しました。これまで隠していたわけじゃなく(笑)、普段離れて住んでいるのでお話しする機会が無かったのだけど、今学期は面接授業で家を空けることが何度かあるのでそれも含めてお伝えしておこうと思って。

そしたらなんと。
お義父さんが、中央大学の通信教育部を卒業していると言われました。こんな身近に通信教育の先輩がいたなんて!

押入れから当時の卒業証書を出して見せてくれたのですが、お義父さんは昭和40年台卒。しかも、就職してすぐに入学し、働きながらきっちり4年間で卒業されたそうです。通信制の大学を4年で終えるのって本当に本当に大変なことです。
きっとその頃は、図書館や参考資料なども現代のようにすぐ身近にあったわけではないと思うし、スクーリングで東京へ行くのも大変だったはずです。私は現在、WebやTVがあって便利だからこそ放送大学にチャレンジできているのに!

お義父さんは「同時期に入学した友人が途中で挫折して辞めてしまった。県庁所在地くらいの大きな街なら、同じ勉強をしている仲間が居てレポートを貸し借りするなど協力し合っていたようだが、俺は田舎でひとりだったので、なにくそと思って意地で頑張った」と仰っていました。時代・年代は違うけれど、仲間が居ても一人であっても学びのベストと思われることをやるという、今も昔も通信教育の本質として変わらないことをズバリ仰ってると思います。

私も絶対に卒業までたどり着きたいです。なにより、こんなすばらしいお義父さんに「やっぱり辞めちゃったんです」なんて言うわけにはいかないですからね!