どうしようもないことと どうしてもできないことは かなりちがう

放送大学に3年次編入→2019年に卒業。その後は再入学しマイペースに勉強しています

【雑感】2020年度2学期に履修した科目

初歩からの宇宙の科学 ('17)
自然と環境コース 導入科目 択一式 持込可
 序盤の、昔の天文学に関する部分で(人間と文化コースを卒業している私にとって)親しみがある哲学者がたくさん登場してびっくり。確かに哲学って生命や世界の始まりについて考えることでもあるので、宇宙や地球の始まりにも関わってくる。このおかげで自然に興味が持てて、苦手意識なく取り組み始めることができた。
 難しい数式が登場すると正直お手上げだったのだが、全体的には面白かったしどうにかついていけた。理由としては、きき手の黒田有彩さんの「宇宙メモ」コーナーが親しみやすかったこと、印刷教材を読んでイマイチ分からなくても、放送授業で映像を見ると納得できることが多かったこと、吉岡先生は「詳しく説明するのは難しいので結果だけ申し上げますが」というスタンスのことも多く、あっそれでいいのね!と思えたこと、そして(すごく個人的なのだけど)以前から趣味で聞いていたラジオ「子ども科学電話相談」のおかげ。子供向けのラジオでこの事言ってた!という内容が何度も授業に登場したので、大人向けの授業でも諦めずにやろうという気持ちになれた。
 文系の私にしては15章通して結構しっかり終えられたよ!という充実感・良い思い出が残った科目。楽しかったです!


音を追究する ('16)
総合科目 択一式 持込不可
 人間と文化コースに在籍していた時から気になっていた科目だが、当時は他の科目との兼ね合いや試験の曜日の都合で履修するチャンスが無かった。また、自分は音楽が得意という自負があるのだけど、この科目は物理的な内容も多く含むので履修を迷っていたという事情もあった。…だったら自然と環境コースに再入学したいまこそやるべき!ということで履修。
 物理的な分野や数式が出てくるとちょっとつまづいたものの、いわゆる音楽の分野(楽器や楽譜、ホール音響や楽典に関する内容)は大丈夫、バッチリです!終盤では、音と暮らしの関わりや地域性、歴史などについても考えることになり、たいへん興味深く楽しい科目でした。なお、ラジオ放送のテーマ音楽がTake Fiveなのがカッコいい。


【面接授業】里地里山はなぜ生物が多様なのか
自然と環境コース 専門科目
2020年12月19,20日 新潟学習センターにて受講
講師は、加藤和弘先生(放送大学・教授)。
 ある程度の人の手が入り管理されている里地里山と、そこに暮らす生き物や、人間の暮らしとの関わりがテーマ。人は木や落ち葉を木材や肥料に加工し役立て、そこが動物や鳥や昆虫にとって住みやすい場所になる。
 普段「〇〇川に新しい橋ができました」というニュースを聞くと便利になって良かった!って思いがちだけど、そこに元々暮らしていた動物や水場を求めていた生き物が居たのではないかということに気付かされる。また、日本のとある場所で自然が失われると、そこを経由していた渡り鳥が日本の先へ渡って行けなくなるというお話は目から鱗だった。環境の変化はその当地だけの問題ではない。
 本来は80人くらい入れる教室で定員は半分(更に当日欠席してた人も居たようなのでもっと少なかったと思う)、マスクに換気に手指の消毒と感染症対策バッチリで実施されていた。普段の面接授業だとよくある「一緒にご飯食べましょう」みたいな光景も見られず、そもそも雑談すら殆ど無く、黙々と昼食をとり資料を読み込むという(皮肉にも?)厳戒態勢だからこその凄い集中力で臨んだ二日間となった。

2022年度に開講される(かもしれない)科目

 例年どおり、放送大学教育振興会http://www.ua-book.or.jp/)のサイトに掲載されている2021年度版の図書目録で「2022年度の刊行予定図書」(=2022年度に開講される予定の科目)が見られます。
 あくまでも「予定」です。実際、2021年度刊行予定とされていた「『銀河鉄道の夜』から学ぶ天文学-入門編-」という科目があった(面白そうと思ってチェックしていた)のですが、2021年度の授業科目案内には載ってない=開講されないみたいです。何か事情があって延期や中止になったのかもしれません。

 

さて、2022年度刊行予定で気になるのはこの辺りでしょうか。

「原初から/への思索 -西田幾多郎ハイデッガー
科目名そのものも、副題もなんだか気になる。

「世界文学への招待」
人間と文化コースに在籍していたときに「世界文学への招待('16)」を履修済でとても面白かったんですが、科目名はそのままで主任講師が変わり、新規科目として「世界文学への招待('22)」が開講予定ということのようです。どんな内容になっているんでしょうか。

「初歩のロシア語」
もう語学科目を取る必要は無いんですが、ロシア語が開講されるのか!と驚いたので。

どれも自分が履修登録する可能性はほぼ無い科目ばかりですが、機会があったら印刷教材を読んでみたいです。

今学期の学割

 今学期に利用した学割は、Adobe Creative Cloud(コンプリートプラン)の購入です(これ、学割の話題が出ているサイトなどでよく見かけます)。
 わが家のパソコンを新調するのに伴い導入を決めたのですが、通常の個人利用だと約72,000円のところ、学割利用で約21,000円になりました。購入申し込み時に学校のメールアドレスが必要です(放送大学だと、学生番号@campus.ouj.ac.jp のやつ)。

 それ以外は残念ながら学割を使う機会はありませんでした。外食したり美術館行ったりがそもそも無かったので……。
 鬼滅の刃の映画は観に行きましたが、映画館の会員Day料金のほうが安かったので学割を使いませんでした。

最近の変化

 これまで「放送大学在学中の40代パートタイマー主婦」という肩書(?)でこのブログを書いてきましたが、新年度からパートではなくフルタイムの社員になることが決まりました。
 数年前から、いまの職場でもしかしたら社員として採用される機会があるかもしれない…という状況だったため、評価の面で大卒になっておいたほうが良いのではという思いがずっと頭の片隅にありました。このためだけに放送大学編入して卒業を目指したわけではありませんが、結果的にパートタイマーとして働く間に大学を卒業し、大卒として社員に採用して頂くことになりました。
 もちろん、勤務時間が増えるだけでなく仕事が全体的に大変になることがわかっています。なので、来学期はまた休学するつもりでいたのですが、来学期もまた自宅受験になるとのことなので、コツコツやればなんとかなりそうな科目をひとつくらいは履修登録しようかとも考えています。

休学します

さて、来学期(2020年1学期)は、地元で受講したいと思える面接授業がひとつもないことと、放送授業も試験が実施される曜日と自分の都合が合いそうにないため休学する予定です。
こうやって、気軽に(という表現が良いかどうかはわかりませんが)休学を選んで実施できるのも、通信制放送大学の良いところだと思います。

 

あっ、折角なので、ブログの記事っぽく「休学する方法」を書いておきます。
オンラインでできます。郵便などを送る必要はありません。

WAKABAにログイン

上部の「トップメニュー」から「教務情報」の「変更・移動手続き」をクリック

申請項目の中から「休学」をクリック

休学期間と自由区分を選択し、確認

これで休学の手続き完了です。同じメニューから復学などもできます。
※私はパソコンで実施。スマホの場合は違うかも知れません。

 

ちなみに、休学中は当たり前ですが科目の履修ができなくなります。あと「通信指導の再提出、単位認定試験の再試験受験、卒業研究・集中科目・面接授業の履修ができない」と、休学の申請を行う画面にも注意書きがあります。
その他には何か制限やできなくなることはあるのかな?と思って探してみたら「図書の貸し出しができない」のは確認できたんですが(学生生活の栞に書いてある)、それ以外はこれと言って見つけられませんでした。
おそらく、休学中でもWAKABAで放送授業の配信や過去問を見ることはできるのだと思います。休学してる間に次に受講する科目の目星を付けるのもいいかも。

 

このブログもまたしばらくお休みという事になります。
それでは、復学して履修を再開することになったときに、きっとまたお会いしましょう!

2021年度に開講される(かもしれない)科目

この時期に発行される、一般財団法人 放送大学教育振興会の「放送大学テキスト 図書目録&DVD」。今回は2020年度版なので、巻末には「2021年度の刊行予定図書」つまり、2021年度に開講される(かもしれない)科目のリストが載っています。早速チェックしてみました。
個人的には以下の3科目が気になります!

 

「日本文学と和歌」
講師が渡部泰明先生!私が放送大学に入学した最初の学期(2016年2学期)に履修した「和歌文学の世界 ※閉講済」の数回を担当しておられた先生で、すっごく良かったんです。朗々と和歌を読み上げるのがとても楽しそうで、本当にこの分野が大好きでいらっしゃるんだろうなぁと伝わってきてとても素敵な授業だったので。渡部先生がメインで担当される科目、ぜひ受講してみたいです。

 

西洋音楽史
音楽関連の科目が帰って来るぞー!
私は「西洋音楽史('13) ※閉講済」を2016年2学期に履修済みなので、履修制限さえかからなければぜひやってみたいです。音楽大好きなので。
ちなみに「西洋音楽史('13)」とは講師が変わり、二人体制になっています。

 

銀河鉄道の夜に学ぶ天文学-入門編-」
天文学が登場。これ、自然と環境コースの科目でしょうか。天文学に興味はあるのですが、いかんせん理系全体が苦手なので、開講されてからしばらく難易度を見極めて(笑)、なんとかなりそうだったらチャレンジしてみたいものです。

 

現在は自然と環境コースに在席しているのに、気になるのはやっぱり人間と文化(だと思われる)の科目のほうが多いのもどうだろう(笑)という感じなのですが、まずはテキストが発刊されたらぱらぱら見てみたいですね!