どうしようもないことと どうしてもできないことは かなりちがう

放送大学に3年次編入し卒業した主婦(パートタイマー)のブログです

エキスパートの認証状が届いた

お久しぶりです!3月に卒業してから、ようやく初めての更新です。
最近は、ネット上で「面接授業の空席が発表された」と話題になっているのを見て、あぁ懐かしいな…なんて思っていました。

そんな中、エキスパートの認証状が届きました!

2018年度2学期の成績発表でエキスパート取得に必要な科目の合格が判明したあと、すぐに申請手続きをしたのですが
 成績発表 2月19日
 エキスパート申請手数料を振り込む 2月19日
 郵便で必要書類を送る 2月20日
 不在票が入る 4月17日
 認証状を受け取る 4月18日
…というスケジュールでした。

 

こちらの2件です。
芸術系博物館活動支援(芸術系博物館プラン)
f:id:kumi201610:20190418220407j:plain

異文化理解支援(異文化コミュニケーションプラン)
f:id:kumi201610:20190418220434j:plain

認証状のみで、カードは申込みしていません。
厚紙が同封されていたので郵送時の折り曲げ防止かな?と思ったら、認証状を立てて飾るための簡素な額?(厚紙で作られた写真立てのようなもの)でした。

 

あと、認証を受けるにあたり履修済と認められた科目の一覧表も同封されていました。

f:id:kumi201610:20190418220444j:plain f:id:kumi201610:20190418220452j:plain

「私の好きな分野・興味がある事柄」に関係する科目ばかりです。実際のところ、エキスパートのために無理やり履修した科目はひとつも無く、やりたい科目を選んで積み重ねた結果がこの二つのエキスパートに繋がりました。

 

取得したからといって、(私にとっては)おそらく役立つ事は無いと思われます。例えば今後、美術館のパートや臨時職員の募集に申し込むときに「放送大学で、こういう科目を重点的に学んだんです」と話題の一つにできるくらいでしょうか(そんな転職の予定は今のところ無いですが/笑)。
だけど「在学中に卒業以外の何かをのこす」ことが目的だったので、こうやって二つも認証状を頂けて良かったです。