どうしようもないことと どうしてもできないことは かなりちがう

放送大学に3年次編入して卒業を目指しています 履修記録とモチベーション持続のためにブログを開設

29年1学期の教材到着

7日に入金→8日に「完納」→13日午前に「発送済」→13日午後に不在表→本日ようやく受け取りました。

f:id:kumi201610:20170315233652j:plain
もうカバーを掛けたテキストもあるので、写真はコレだけですが…
29年度1学期の履修は、以下の教科です。

 ◎市民生活と裁判('12)
 ◎著作権法概論('14)
 ◎日本文学概論('12)
 ◎日本語とコミュニケーション('15)
 ◎博物館概論('11)
 ◎西洋芸術の歴史と理論('16)
 ◎日本文学の名作を読む('17)
 ◎上田秋成の文学('16)
 ◎博物館資料論('12)
 ◎死生学入門('14)
 ◎文学のエコロジー('13)
 ◎体育実技
 ◎面接授業3科目

放送授業はあと3科目候補があったんだけど、さすがに多すぎなので11科目まで絞りました(それでも多いけど)。
仕事が「秋~冬が繁忙期。春~夏はそれに比べたら余裕がある」という事情もあります。私にとっては、勉強時間を捻出できるとしたら2学期よりも1学期なので。
もちろん無理は禁物なので、途中で難しい・大変だと思ったら、いくつかの科目は2学期へ回しても良いと思っています。

あと、体育実技やります!
履修する学生がほとんど居らず、珍しいケースのようなので、近日中に別記事でレポートする予定です。
ちなみに、運動することよりも、履修登録する前の準備がちょっと大変でした(笑)。

振込完了

昨日の夜にコンビニで振り込み手続きしたら、今日の18時過ぎにはWAKABAが「完納、発送作業中」に変わっていました。

f:id:kumi201610:20170308230813j:plain
※5,500円で割り切れないのは、印刷教材不要の科目があるから。

面接授業の当選科目が判明

今朝起きたら、面接授業の科目別当落が見られるようになっていました。バタバタしていたのでとりあえず確認だけして出勤し、帰宅したら振り込め用紙も届いていました。

面接授業、私は4科目申し込んで3科目が当選したのですが、第3希望にした科目が落選でした。定員は多めだけどタイトルからして親しみやすそうな科目だったので、申し込む人が沢山いたのでしょう。
第1希望にした「地元学習センターの、定員が少なめで人気がありそうな科目」と、第2希望にした「他都道府県センターの、定員が少なめだがマニアック?な分野の科目(個人的にはこれが本命!)」が当選したので満足です。
よって、来学期は地元を飛び出して他都道府県のセンターへお邪魔することになります!観光などしてる余裕はなさそうだけど楽しみです!

なおもう一つ当選した第4希望の科目は、定員も多めだし、内容が堅苦しそう(あくまでもイメージですよ!)なので、多分空席発表されたらまだまだ余裕があるんじゃないかなー。

面接授業の当選数

昨日、面接授業の当選数がわかるようになったというのを見て、取り急ぎ確認しました。
4科目申し込んだうち、3科目が当選したみたいです。
落選した1科目は何だろう?

いまが繁忙期なので最近は残業が続いています。その後スーパーに寄って帰宅して夕飯作って洗濯畳んだりしながら、勉強できるかな―今日はもうムリかもーと焦るんだけど、意外となんとかなるもんでどうにか1回分だけ放送授業を視聴できています。逆に、時間がある日のほうがダラダラいろんなサイトを見たりお菓子食べたりしちゃいがちだな…と思います。
昨日作ったカレーがあるので、今日は残業になったとしてもすこしは(気持ちの)余裕があるはず。それではいってきまーす。

科目登録申請

29年1学期の科目登録(Web)が今日で締め切りですね。私は先週末に入力を済ませました。
増やしたり減らしたり、カレンダーを見ながらいつどこの面接授業へ行けるか考えたり…とあれこれ考えてようやく決めました。
3月上旬には面接授業の当落と学費の総額が分かるようになるはずなので、お金の準備もしておかないとです。

面接授業は4科目申請しました。
第1希望は、地元学習センターの、定員が少なめだけど人気がありそうな科目。
第2希望は、他都道府県のセンターの、定員が少なめな科目。
個人的にはこれが本命ですが、ちょっとマニアック?な分野なので申込は殺到しないかなと思ったので第2希望に。
第3、第4希望は、地元学習センターの、定員が多めの科目。

28年2学期は追加申込で1科目受けただけだったので、私にとっては今回が初めての正式?な申し込みと抽選になります。どれもぜひ受けたい科目なので当選できるといいなー。

2018年度(平成30年度)に開設されるかもしれない科目

放送大学教育振興会のサイトに、2017年度の図書目録が掲載されました。
これに「2018年(平成30年)刊行予定図書」が載っています。つまり2018年度に新たに開講される(であろう)科目の教科書です!
気が早いですが、私が気になる・ときめくのはこのへんの科目。

◎日本仏教を捉え直す
◎日本文学における古典と近代
◎考古学
◎日本美術史の近代とその外部

でも、新設科目をいきなり履修するのって過去問もないし平均点もわからないから勇気が要ると思うんです。だからできれば開講後1年以上経過してから取りたいというのが本音です…。

【感想】多様なキャリアを考える('15)

※私の個人的な感想です。
※私が履修した平成28年度2学期時点でのことです。

 

多様なキャリアを考える('15)
総合科目 択一式 持ち込み可

正直に言うと、これ以外の5科目を選んだあとで「土曜の午前に試験がある科目をもうひとつ足したい…平均点も高めだしこれにしようかな…」という理由で選んでいたため、モチベーションがなかなか上がらない&保てないままとりあえず勉強を続けて試験までこぎつけた、みたいな感じになってしまった。それなりに時間を割いているのに頭に入ってこないような状態。テレビ放送も(そんな気持ちで観ているのだからあたりまえと言えばそうなんだけど)自分には合わなくて3回目くらいまで観た後はテキストのみでの勉強としてしまった。

複数の先生がテキストの執筆を担当しているため、文章から受ける章ごとの印象が違う。第1章は割と気楽に読めたのに、第2章が急に難しめな文章になるし長いしで戸惑った。
色々なケースの働き方等についての内容なので、様々な立場・年代の人に実際に当てはまる事柄も多いと思う。私自身が非正規労働者なので、関わりのある章などは興味深く読んだ。
試験は、掲載されているグラフを見ながらでないと解けない問題もあるので「問題にされているグラフがどれで、縦軸と横軸が何で、どういう数値なのかを理解する」みたいな、グラフを読む力が要ると思う(実際、似ているけど少しずつデータが異なるグラフがいくつも載っているので迷う)。

私が放送大学に入って最初に受けた試験がコレだった(初試験日の1限だった)ので、マークシートの塗り方やら注意事項やらで戸惑っているうちに試験が始まり、テキストを探さないと解けない問題も多かったので、あっという間に試験時間が過ぎてしまい、直後は「出来たのか出来なかったのか自分でわかんない!どうしよう!でもこの気持ちを次の科目に引きずったらダメだ!」と思い直したことをよく覚えている。なので合格できるとしてもBかCと思ってたのに@だったのでびっくりした。