どうしようもないことと どうしてもできないことは かなりちがう

放送大学に3年次編入して卒業を目指しています 履修記録とモチベーション持続のためにブログを開設

印刷教材到着

本日、印刷教材が到着しました。
旅行に行っていた週末の間に不在票が入るかなと思っていたけど、通信教育って特殊な郵便?だから土日祝は配達がそもそも無くて今日になったのかも。

2017年度2学期のラインナップは、以下のとおりです。

◎日本語概説('15)
◎初歩のイタリア語('17)
◎地域と都市の防災('16)
◎公衆衛生('15)
◎色と形を探求する('17)
仏教儒教('13)
◎体育実技 ※1学期から継続中

以前から気になっていた「仏教儒教」「日本語概説」の試験が土日になったので履修します。なお仏教儒教は今年度末で閉講なのでラストチャンス。来年度開講予定の「日本仏教を捉え直す」が後継科目かな?という気がしますが、過去問や平均点が分かるうちにやっておこうと思います。

あと、イタリア語をやってみます。私は編入時に外国語2単位が既に認定されているので外国語科目を履修する必要はありませんが、今年度から開設されて興味を持ったので。
ちなみにイタリア語の経験はありません(笑)。むかし声楽をやっていた時にイタリア歌曲を歌ったことがあるくらいです。大丈夫か?!

発送されたけど

最近は2学期の先取りを始めましたが、やる気スイッチがある日と無い日があるみたいで、全然気分が乗らない日はすっかり怠けてしまっています。

さて、私の発送状況ですが、
9/7 振り込め用紙が届く
9/8 コンビニで支払い
9/11 「完納」
9/15 「発送済」

となりました。多分明日配達が来ると思いますが、旅行へ行くので受け取れません。

折角の旅行なのに台風が直撃しそうなのは心配ですが、行ってきまーす。

当選×3!

ありがたいことに、面接授業は3つ申し込んで3つとも当選しました!
当選数が分かるようになった日、パソコンの前で「えっホントに?!」って独り言で叫ぶくらいびっくりしました。

第1希望にした科目はテーマが面白そうだし、定員も20名程度だったので落選すると思っていました。けど、時期が1月でお正月後&試験前なので倍率が下がったのでしょうか。
第2、第3希望は定員50~80名程度なのでまあ大丈夫だろうと思っていました。

nanacoカードに必要な金額もチャージしたので、いつ振り込め用紙が来てもすぐ支払いに行けます!

2学期の科目登録申請

8月は何にも勉強しないまま過ぎていきました。試験問題の解き直しを1日やっただけです。1学期は2月のスタートダッシュから7月末の試験まで、ほぼ毎日勉強できていたのに、人ってすぐに怠けられるんだなぁと妙に実感しています…。

 

さて、科目登録申請は今夜締め切り(Web)ですが、私は先週末に入力を済ませました。

「放送授業6科目、面接授業3科目」です。
2学期は初めて外国語を履修します。あと、6科目中4科目が持込不可だと思われるのでじっくりやる必要がありそうです。

面接授業はこんな組み合わせで出しました。
第1希望:他都道府県のセンターの、定員が少なめの科目
第2希望:地元学習センターの、定員が中程度の科目
第3希望:地元学習センターの、定員が多めの科目

人気がありそうだから落選すると思うけど、気になる科目を第1希望に。
開催日程が10月なので追加登録が無いかもしれない科目を第2希望に。
一番受講したいけど、定員に余裕がある科目を第3希望に …としました。

 

先取りで入手した2学期の印刷教材、ずーっと鞄に入れて持ち歩いているのに結局読んでいません。この辺で気持ちを切り替えて、9月からはちょっとずつ学習を始めたいと思います。

【もくじ】履修済科目の一覧と感想

履修済科目の一覧と、感想の記事へのリンクです。随時更新。

※私の個人的な感想です。
※書いてある内容等は私が履修した時点でのことです。

 

2016年度2学期

・近代哲学の人間像(’12)
・哲学への誘い('14)

・西洋音楽史('13)
・和歌文学の世界('15)
・『古事記』と『万葉集』('15)
・多様なキャリアを考える('15)
・面接授業 1科目 

 

2017年度1学期
・市民生活と裁判('12)
・著作権法概論('14)
・日本文学概論('12)
・日本語とコミュニケーション('15)
・博物館概論('11)
・西洋芸術の歴史と理論('16)
・日本文学の名作を読む('17)
・上田秋成の文学('16)
・博物館資料論('12)
・死生学入門('14)
・文学のエコロジー('13)
・体育実技
・面接授業 3科目

【感想】文学のエコロジー('13)

※私の個人的な感想です。
※私が履修した2017年度1学期時点でのことです。


文学のエコロジー('13)
総合科目 択一式 持ち込み可

放送授業の第1回が「講談師(一龍齋貞心氏)にロランの歌を読んでいただく」という変わった内容ですごく面白かったのでぐっと引き込まれ、2回目以降も聴くのが楽しみになった。なお第2回以降の様々な朗読は、AMラジオかと思うような堅い口調の方々です(これはこれで、古い外国文学らしい良い雰囲気ですよ!)。

ラジオなのに目の前で講義をしているかのようにこちらへ語りかけてくる担当の宮下志郎先生の口調が妙に癖になるし、印刷教材もこういったテキスト類としてはかなりくだけた文章で書かれていて大変読みやすく感じる。個人的には、機会があったらぜひ面接授業で講義を直接受講してみたい先生のひとりです。どんな方なんだろう宮下先生…。
余談だが、学習センターへ行った際に、宮下先生が担当されている別の科目「ヨーロッパ文学の読み方-古典編」の印刷教材を読んでみたらこちらもとっても読みやすくて面白かったです。

題材として取り上げられているのは主にヨーロッパと中国の文学作品。作品が作者によって生み出されるのにどんな背景があったのか、私たちがいまその文庫本を手にとって読むまでに、どんなふうに流通し伝えられてきたのか。また印刷や出版、著作権や印税の歴史なども知ることが出来る。印刷技術が登場発展したことが作者や出版にとってどれだけ便利で素晴らしい恩恵をもたらしたのかを強く強く感じる。

文学と史学をミックスしたような科目なので、どっちか(もちろん両方)が好きな人にはオススメ。ひととおりの学習を終えてしばらくしてから試験対策で再びこの科目に取り組んだときに、しみじみと面白いなぁと感じました。
ただし、著名な作家は大抵愛人と借金を抱えているのね(もちろんそうじゃない人も居ますが!)と、知らなくても良いことを知ってしまうことにもなる科目です。

【感想】死生学入門('14)

※私の個人的な感想です。
※私が履修した2017年度1学期時点でのことです。

 

死生学入門('14)
総合科目 択一式 持ち込み不可

死を迎える本人の気持ちや、取り巻く家族たちの想いや実情、報道される有名人などの死、映画やマンガに取り上げられる死など、人が生きて老いて死ぬ…という事に、様々な視点から着目し考える。近代化して便利になったこの時代でも、介護や延命や尊厳など死にまつわる事柄は絶えず起こり変化していて、間違いなく自分の親世代や、自分自身にも訪れることになることを実感し、考えさせられる科目。

第2回の放送内でインタビューに答えている平山正実先生が「亡くなった母親が遺したものは私へのギフト」のようなお話をされるのだが、平山先生ご自身が(放送授業収録後に)逝去されており、受講者はまさにこのインタビューから「ギフト」を受け取るという体験をすることになる。
私が受講している期間内には、闘病ブログを公開していた有名人が死去されるというできごとがあり、そのニュースを沢山の視聴者が大きな出来事として受け止め、更にニュースになったりもした。そういったこともこの科目について考えるきっかけになったと思う。

放送授業は基本的には印刷教材に沿って進み、時々補足が入る感じ。上記のようなゲストのインタビューや、授業のテーマに似た内容のマンガや映画について言及があったり、途中「楢山節考」の素晴らしい朗読が聴ける回など、魅力的な内容も盛り込まれているし、担当の先生方(複数いらっしゃるが、どの方も)皆さんとても穏やかな口調でじっくりと諭すように語りかけてくるので、授業なんだけどセラピーを受けているような感覚になれる。
ジングルとしてサイモン&ガーファンクルの曲が使われる回があったり、放送授業の尺が余ると(いや意図的にかもしれないけれど)「千の風になって」が流れる

様々な学問の側面を併せ持った、まさに総合科目だなという印象を受ける。上手く表現できないが「勉強する!試験受ける!」という感覚からは少し離れた場所に位置するような、じっくりじんわりと進められる良い科目だと思う。